上智大学法学部 Sophia University Faculty of Law

教員紹介

江藤 祥平

法学部 国際関係法学科 准教授

出身大学:
早稲田大学第一文学部(2004年卒業)
出身大学院:
東京大学法学政治学研究科法曹養成専攻(2008年修了、法務博士)
米・Columbia University Law School(フルブライト奨学生、2012年修了、Master of Laws)
経歴等
最高裁判所司法研修生(62期)、長島・大野・常松法律事務所弁護士、東京大学法学部助教、東京大学特別講師を経て、2016年4月より上智大学法学部准教授(法科大学院兼担)。
担当授業
憲法
憲法訴訟、比較憲法、Japanese Law in Comparative Perspectives I(輪講)
研究テーマ・実績
これまで、主に立憲主義に関する研究を進めてきました。最近では、他者の観念を軸に憲法9条論を展開しています。また今後、君主制に関する研究を進めていきたいと考えています。
専攻は憲法であり、他者という観念を軸にして近代立憲主義の研究を行っています。主たる著書として、「近代立憲主義と他者」(岩波書店、2018年)があります。

教員一覧に戻る