上智大学法学部 Sophia University Faculty of Law

法曹コース認定

 2020年1月30日付けで、文部科学省に申請していた上智大学法科大学院と上智大学法学部との法曹養成連携協定(法科大学院と司法試験等の連携等に関する法律6条3項)が認定されました。

 これに伴い、2020年度より、上智大学法学部では法曹コースを設置し、「法学部3年間+法科大学院2年間」の5年一貫で司法試験合格を目指す法曹コースにおける教育を開始いたします。

 これまで、法曹資格を得るためには時間と費用がかかると思われがちでしたが、新たに設置する法曹コースは、法学部・法科大学院の教員、弁護士チューター等の手厚いサポートのもと、法科大学院在学中の司法試験合格を目指すための新たな制度です。法曹を志望する皆さんの積極的な参加を期待します。

 上智大学法学部では、1年次の1月末に法曹コース生を募集し、法曹コース運営委員会の下で司法試験の早期合格を目指した教育指導を集中的に行います。法学部・法科大学院の教員に加え、若手の弁護士がタッグを組んで法曹コース生を指導するサポート体制を組み、法曹コース生用の演習、正課外のゼミ等を通じて丁寧な指導を行います。法学部での3年間、法科大学院2年間のそれぞれの段階での目標を定め、司法試験合格への道標を明確に示します。様々な形での学習支援や法科大学院進学後の奨学金制度も充実しています。法曹を志望される方は、ぜひ、上智大学法学部「法曹コース」に御参加ください。