教員

法科大学院専任教員

教授小幡 純子OBATA JUNKO

出身大学:
東京大学法学部(1980年卒業)

経歴等

東京大学法学部助手を経て、現在、上智大学法科大学院教授。
現、日本学術会議会員、行政不服審査会委員、民間資金等活用事業(PFI)推進委員会委員、政府税制調査会特別委員、東京都公益認定等審議会委員、日本スポーツ仲裁機構理事。(元 司法試験委員会委員)

担当授業

行政法/公共法務演習/エクスターンシップ/自主研究・論文作成

研究テーマ・実績

国家賠償法、公物法の研究を中心にやってきました。最近では、地方自治法や、官民の役割分担の考え方・PFIなども研究対象としています。日本学術会議会員、日本スポーツ仲裁機構理事。

研究・授業への取り組み

行政法は、法科大学院教育・新司法試験で新たに法律基本科目になったので、新しい法曹が得意分野にしやすい科目です。2004年の行政事件訴訟法改正、2014年の行政不服審査法改正で大きく変化しつつあります。法科大学院の授業では、行政法の基本知識の習得を確認しながら、ソクラティック・メソッドにより、行政法の様々な観点からのもののとらえ方、柔軟な思考を育てていくことを狙いとしています。

  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用