概要

アドミッション・ポリシー

法学研究科法曹養成専攻(法科大学院)

本課程は、将来、法曹(裁判官・検察官・弁護士)となる人材の養成を主な目的としていますが、法曹に就かない場合にも、「法務博士(Juris Doctor)」として、国際機関、公務部署、企業法務部等多様な分野で活躍する法律の専門家の養成を目指します。キリスト教的ヒューマニズム精神に基づき、広い視野で社会に貢献し真に社会に求められる法律家となるために真摯に努力する人材を求めています。

(入学者選抜の基本方針)

  1. (1) 公平性、開放性、多様性を確保する。
  2. (2) 大学での学業成績、社会経験、外国語能力を正当に評価し、人間性を十分に考慮して選考する。
  3. (3) 他学部卒・社会人については、(2)の方針に従い、入学定員40名中3割を下回らないよう選考する。
  4. (4) 特に優れた外国語能力を有する者について、外国語特別枠を設けて、積極的に評価する。
  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用