概要

上智大学法科大学院の教育上の理念・目的、養成されるべき法律家

教育上の理念・目的

上智大学法科大学院は、司法が21世紀のわが国社会において期待される役割を十全に果たすために、幅広い専門的知識と応用能力を備え、豊かな人間性と高い倫理性を持つ法律家を養成することを目的とします。これに加えて国際関係法と環境法に強い法律家を目指す者に対しては、それにふさわしい教育を行います。

具体的に養成されるべき法律家像

教育上の理念・目的に照らして、具体的には次のような法律家の養成を目指します。

  1. (1) 基本的領域について、深い知識と応用能力を有し、人格的にも優れた法律家。
  2. (2) 国際関係法の分野について、深い知識と応用能力を有する法律家。グローバル化した社会において活躍できる人材。
  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用