上智大学法科大学院 Sophia Law School

チューター制度の紹介

 学生生活の悩みのなかには教員よりも先輩に相談したいこともあるのかもしれません。
 本学を修了した司法試験合格者がさまざまな相談に応じるチューター制度は、教える側の使命感の高さに定評があります。

直近の合格経験を生かして院生をサポートします

松井 智
弁護士 松井 智
榎本峰夫法律事務所
上智大学法学部出身
標準コース 2010年修了
司法修習64期

 司法試験合格のためには、法律的な知識を単に知っているというだけでは不十分で、その知識をどのように使うのか、どのように答案上に表現をするのかが重要です。また、法科大学院での日々の勉強においては、授業を受ける中で疑問が生じたり、十分な理解ができないまま授業が進んでしまったりすることもあります。

 私たちチューターは、そういった場合に、OB・OG という皆様により身近な立場から、親身になって対応いたします。実際に、授業の理解を深めるためのフォローアップゼミ、司法試験の論文式試験の過去問を題材にした論文の書き方についてのゼミ、択一式試験の勉強方法についてのゼミなど学生の皆様の要望に合わせて様々な形式のゼミが開講されてきました。

 上智大学法科大学院にご入学された皆様と二人三脚で、司法試験合格へ向けて邁進できればと思っております。ぜひ、チューター制度をご活用ください。

勉強はもちろん日常生活の悩みも相談してください

萩原 美保子
弁護士 萩原 美保子
比佐法律事務所
津田塾大学学芸学部出身
標準コース 2010年修了
司法修習64期

 司法試験に合格するための対策は、学年に応じて、そして各自の修得度や苦手分野によっても異なります。チューターは、法的思考及び法的知識の修得、そして法的論述能力の向上を目的として答案添削等を行うだけでなく、個々の学生に応じた勉強法や日常生活における悩み等についての相談にも応じています。

 本学のチューター制度の特色としては、①学生の方々に対しチューターの属性(未修・既修、選択科目等)が公開されており、チューターを選択できること、そして、②ニーズに応じてサポート方法を選択しうることが挙げられます。

 「どのように勉強を進めていけばよいのか分からない」「何だか論文がうまく書けない」など困ったときには、すぐにチューター制度を活用してください。チューター一同、学生の方々からのご相談をいつでもお待ちしております。

現役生の声 チューター制度の利点

森川 裕介
森川 裕介
法政大学経済学部出身
短縮コース 3年

 私は、入学して間もない5月、同級生と相談してチューター制度の利用を開始しました。司法試験は、他人による採点で合否が決まるものであるから、法律の知識を身に付けることと並んで、自分の実力を客観的に評価してもらうことが非常に重要だと考えたからです。具体的には、基本的な問題から発展的な問題まで、その時の実力に合ったものを解いて、チューターの先生にそれに対する評価と今後の課題などを指摘してもらいます。また、メンバーが互いに評価し合い、良い論じ方や表現は参考にします。先生からは、しばしば厳しい評価を受け、落ち込みもしますが、その評価は先生ご自身の経験や、これまで指導された合格者たちとの比較に基づくものであるから、最も有用なものです。こうした評価を日常的に受けることで、目指す方向が明確になり、迷いなく勉強に打ち込めるようになりました。先生方は、望めばいくらでも応えてくれます。こうした恵まれた環境で、日々迷いなく勉強できることは幸せだと思う。