教員

法科大学院専任教員

教授松井 智予MATSUI TOMOYO

出身大学:
東京大学法学部(1999年卒業)

経歴等

東京大学大学院法学政治学研究科助手、法務省民事局参事官室民亊法制参事官付、東北大学大学院法学研究科准教授を経て、現在上智大学法科大学院教授。この間、ハーバード大学東アジア法研究所客員研究員。

担当授業

商法 I /商法 II /商法演習/自主研究・論文作成

研究テーマ・実績

会社および類似の法人組織のガバナンスおよびファイナンスの状況および課題が、どのように組織の人事・財産形態、事業規模や事業内容と関係しているか、会社法以外の法規制を含めた形で研究しています。

研究・授業への取り組み

実際の判例や企業実務と切り離された形で、教科書どおりに取締役の義務や内部手続違反の取引の効力などを覚えるのではなく、どのような争いの場面でなぜそのような結論になるのか、背後にある企業の行動について伝えられればと思います。

  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用