上智大学法科大学院 Sophia Law School

教員紹介

梅村 悠

法学部 法律学科 教授

出身大学:
上智大学法学部(2001年卒)
出身大学院:
上智大学大学院法学研究科 博士(法学)上智大学
経歴等
流通経済大学法学部専任講師、同大学同学部准教授、日本大学法学部准教授を経て、現在、上智大学法科大学院教授。
担当授業
商法基礎/エクスターンシップ
研究テーマ・実績
商法・企業環境法上の諸問題について、研究しています。特に、コーポレート・ガバナンス、企業の環境責任、企業の非財務情報の開示など、いわゆるESG(環境、社会、ガバナンス)問題について、企業法の立場からのアプローチを試みています。
研究・授業への取り組み
演習(ゼミナール)においても、商法(企業法)の立場から、持続可能(sustainable)な企業のあり方を追求するなかで、法的視野を広げるとともに、21世紀の企業にとって重要な経営課題であるESG問題に対するアプローチ・問題解決の手法を身に付けることを目的として、共同研究を行っています。

教員一覧に戻る

教員一覧に戻る