上智大学法科大学院 Sophia Law School

教員紹介

永下 泰之

法科大学院 教授

出身大学:
金沢大学法学部(2000年卒業)
出身大学院:
北海道大学大学院法学研究科(法学博士)
経歴等
北海道大学大学院法学研究科助教、小樽商科大学商学部准教授、東京経済大学現代法学部准教授を経て、現在、上智大学法科大学院教授
担当授業
民法基礎Ⅳ/民法基礎Ⅱ/民法基礎演習
研究テーマ・実績
専攻は民法です。民法のうち、不法行為法を研究領域とし、とくに過失相殺制度について研究しています。また、製造物責任法についても研究をはじめています。その他にも「法の経済分析」にも興味を持っています。比較法の対象はドイツ法です。
研究・授業への取り組み
授業では、個々の具体的な問題に対して、なぜそうなるのか?を深く探求することを目標にしています。学生との対話を通じて、より深い理解に至ることができるように心がけています。研究面では、今一度、素因減責論を分析し直したいと考えています。

教員一覧に戻る

学部教員一覧に戻る