上智大学法科大学院 Sophia Law School

教員紹介

小山 泰史

法学部 法科大学院所属教員 教授

出身大学:
金沢大学法学部(1988年卒業)
出身大学院:
神戸大学大学院法学研究科 法学博士(神戸大学)
経歴等
日本学術振興会特別研究員(PD)、摂南大学法学部専任講師、立命館大学法学部助教授、同教授を経て、現在、上智大学法科大学院教授。
2004年夏から1年間、カナダ・トロントのOsgoode Hall Law School(York University)にて在外研究。
担当授業
民事法実務基礎演習/民法 II /民事法(総合)/総合民法I /民法基礎演習 /法学実務基礎II
研究テーマ・実績
主著として『流動財産担保論』(成文堂・2009年)。企業が資金調達を行ううえで、不動産に頼らないで在庫商品や売掛債権等の流動資産を担保とする融資手法をAsset Based Lending(ABL)といいます。この検討を軸として担保物権法、契約法、不当利得法等を研究しています。
研究・授業への取り組み
授業では、一方的な講義にならず、受講生の理解度を随時確認しながら、進めていきたいと考えています。また、研究面では、当面は倒産実体法だけでなく、倒産手続法まで視野に入れて研究領域の拡大を試みる予定です。

教員一覧に戻る

教員一覧に戻る