上智大学法科大学院 Sophia Law School

教員紹介

阿部 和文

法学部 地球環境法学科 教授

出身大学:
東京大学法学部(2004年卒業)
出身大学院:
東京大学法学政治学研究科法曹養成専攻、東京大学法学政治学研究科総合法政専攻
学位:
学士(法学)(東京大学)、法務博士(東京大学)、博士(法学)(東京大学)
経歴等
首都大学東京都市教養学部法学系助教、大阪市立大学大学院法学研究科准教授、大阪公立大学大学院法学研究科准教授を経て、現在上智大学法学部教授。
担当授業
法学実務基礎B
憲法(基本的人権)、憲法訴訟、基礎演習A(憲法)
研究テーマ・実績
主に表現の自由、および、緊急事態をめぐる法制度に関心があります。
これまでは表現の自由を中心として研究を行ってきました。近年は、緊急事態をめぐる法制度にも関心があります。
研究・授業への取り組み
日本国憲法は条文が簡素にできており、その解釈に際しては条文と現実を適切に接続するために、様々な判例や学説を参照する必要があります。他の法律科目に比べて漠然とした印象を持つかもしれませんが、一つ一つの用語や考え方を丁寧に学習するよう心がけてください。
憲法は、政治の基本的なルールを定めた法であるとともに、社会生活にも多大な影響を与える法です。しかし、憲法典の条文は非常に簡潔に出来ている一方で、憲法によって対処しなければならない政治的・社会的な問題は日々発生しています。そこで、両者を繋ぐための様々な道具立てが必要となります。大学の専門科目では、この道具立てを学ぶことが主たる課題となります。この課題が達成されるように教育に取り組んでいくとともに、道具立てを少しでも充実させることが出来るように研究に従事していきたいと考えています。

教員一覧に戻る