教員

法科大学院専任教員

教授滝澤 正TAKIZAWA TADASHI

出身大学:
東京大学法学部(1969年卒業)
出身大学院:
東京大学大学院法学政治学研究科 法学博士(東京大学)

経歴等

上智大学法学部助教授、教授を経て、現在、上智大学法科大学院教授。
大学評価・学位授与機構法科大学院認証評価委員、最高裁判所図書館委員、東京弁護士会懲戒委員会委員、東京大学法科大学院講師。

担当授業

比較法/自主研究・論文作成

研究テーマ・実績

これまで主としてフランス法を研究対象とし、これと対比しつつ日本法の特徴を探ってきました。研究成果としては、渋沢・クローデル賞を受けた『フランス行政法の理論』およびわが国における標準的概説書という評価を得ている『フランス法』、『比較法』が代表的です。

研究・授業への取り組み

授業では、まず法観念、法技術、法源、裁判所、法律家といった各観点から、世界の主要法系のあり方と日本の位置づけを考察する。ついで比較法的にみた日本法の特徴を、歴史的形成過程から分析する。時間が許せば特定の実定法をとりあげ、具体的な法比較も試みたい。

  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用