教員

法科大学院専任教員

教授桑原 勇進KUWAHARA YUSHIN

出身大学:
東京大学法学部 (1989年卒業)
出身大学院:
東京大学大学院法学政治学研究科

経歴等

東海大学専任講師、助教授、教授を経て、現在、上智大学法科大学院教授。

担当授業

公共法務演習/自然保護法

研究テーマ・実績

主な研究領域は環境法の基礎理論。最近は中国の環境法制度にも関心を持っています。主要論文として、「国家の環境保全義務序説(一)~(四完)」自治研究71巻5~8号(1995年)、「非『客観的』危険」『塩野宏先生古稀祝賀 行政法の発展と変革下巻』(2001年)、「中国の環境影響評価制度」東海法学27号(2002年)、「国家目標規定『環境保護』──その規範内容」東海法学28号(2002年)、「自然侵害に関する法原則――ドイツ自然保護法の考え方」東海法学33号(2005年)等。

  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用