教員

法科大学院専任教員

教授北村 喜宣KITAMURA YOSHINOBU

出身大学:
神戸大学法学部(1983年卒業)
出身大学院:
神戸大学大学院法学研究科
米国カリフォルニア大学バークレイ校大学院「法と社会政策」研究科(修士課程)
法学博士(神戸大学)

経歴等

横浜国立大学経済学部専任講師、同助教授を経て、現在、上智大学法科大学院教授。過去に、米国カリフォルニア大学バークレイ校「法と社会」研究センター客員研究員、ハワイ大学ロースクール客員研究員。
なお、米国カリフォルニア大学バークレイ校大学院M.A.取得(法と社会政策)。(司法試験考査委員)

担当授業

環境法実務演習/環境法政策/エクスターンシップ

研究テーマ・実績

専攻は、行政法学・環境法学。最近は、行政法の実施過程研究、地方分権時代の法律・条例論、政策法務論を中心に研究しています。自治体の条例コンサルティングを通して、研究の成果を実務にもいかしています。

研究・授業への取り組み

司法試験では、環境法が選択科目の1つとなりました。たんなる条文の知識以上に、その背景にある法政策論や歴史的経緯、具体的事例への条文の適用、法律・条例の限界と改善策などについての「幅広くかつ深い理解」が求められます。環境法関係科目や関係プログラムの充実度は、上智大学が日本一です。それらを効果的に使いながら、無味乾燥な知識の習得にとどまらない「幅広くかつ深い理解」ができるようにします。

  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用