教員

兼担教員

教授堀口 健夫HORIGUCHI TAKEO

所属:
法学部
出身大学:
東京大学教養学部(1997年卒業)
出身大学院:
東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学博士課程

経歴等

北海道大学大学院法学研究科助教授、同公共政策大学院准教授を経て、現在、上智大学法学部教授(法科大学院兼担)。
2006~2007年、2010年~2011年、英国ケンブリッジ大学国際法研究所客員研究員。北海道環境審議会委員、環境省今後の水環境保全に関する検討会委員等を歴任。

担当授業

国際環境法

研究テーマ・実績

専門は国際法・国際環境法であり、予防原則や持続可能な開発といった国際環境法の基本原則・理念の意義や、国際河川法における実体的義務と手続的義務の関係、海洋汚染・漁業関連条約の我が国における国内実施などを研究テーマとしています。

研究・授業への取り組み

国際環境法では、従来の国際法の理論・制度や、国内法との関係等を問い直すことが、基本的な課題の1つとなっています。授業ではこうした点をできるだけわかりやすく解説し、様々な論点について一緒に考えていきたいと思います。

  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用