教員

法科大学院専任教員

教授原 強HARA TSUYOSHI

出身大学:
上智大学法学部(1981年卒業)
出身大学院:
上智大学大学院法学研究科

経歴等

上智大学法学部助手、札幌学院大学法学部助教授・同教授、(海外)カリフォルニア大学バークレイ校ロースクール客員研究員、明治学院大学法学部教授を経て、現在、上智大学法科大学院教授。
工業所有権審議会試験委員。(元 司法試験考査委員)

担当授業

民事訴訟法 I /民事訴訟法 II /民事執行・保全法/リーガルクリニック/自主研究・論文作成

研究テーマ・実績

訴訟類型的には、株主代表訴訟、製造物責任訴訟、環境訴訟、国際民事訴訟などの現代的訴訟・現代型訴訟における手続上の諸問題、また、一般項目的には、当事者適格論、判決効論、上訴などを研究対象としています。

研究・授業への取り組み

常に双方向的な授業を行いたい。対話などの双方向的な授業を通して、単なる知識の教授にとどまることなく、事案分析能力、法適用能力、個別具体的な問題解決能力などの涵養に役立つものにしたいと考えている。

  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用