学生サポート

チューター制度の紹介

学生生活の悩みのなかには教員よりも先輩に相談したいこともあるのかもしれません。
本学を修了した司法試験合格者がさまざまな相談に応じるチューター制度は、教える側の使命感の高さに定評があります。

直近の合格経験を生かして院生をサポートします

榎本峰夫法律事務所
弁護士 松井 智
司法修習64期 【2010年3月修了】

 司法試験合格のためには、法律的な知識を単に知っているというだけでは不十分で、その知識をどのように使うのか、どのように答案上に表現をするのかが重要です。また、法科大学院での日々の勉強においては、授業を受ける中で疑問が生じたり、十分な理解ができないまま授業が進んでしまったりすることもあります。

 私たちチューターは、そういった場合に、OB・OGという皆様により身近な立場から、親身になって対応いたします。実際に、授業の理解を深めるためのフォローアップゼミ、司法試験の論文式試験の過去問を題材にした論文の書き方についてのゼミ、択一式試験の勉強方法についてのゼミなど学生の皆様の要望に合わせて様々な形式のゼミが開講されてきました。

 上智大学法科大学院にご入学された皆様と二人三脚で、司法試験合格へ向けて邁進できればと思っております。ぜひ、チューター制度をご活用ください。

勉強はもちろん日常生活の悩みも相談してください

比佐法律事務所
弁護士 萩原 美保子
司法修習64期 【2010年3月修了】

 司法試験に合格するための対策は、学年に応じて、そして各自の修得度や苦手分野によっても異なります。チューターは、法的思考及び法的知識の修得、そして法的論述能力の向上を目的として答案添削等を行うだけでなく、個々の学生に応じた勉強法や日常生活における悩み等についての相談にも応じています。

 本学のチューター制度の特色としては、①学生の方々に対しチューターの属性(未修・既修、選択科目等)が公開されており、チューターを選択できること、そして、②ニーズに応じてサポート方法を選択しうることが挙げられます。

 「どのように勉強を進めていけばよいのか分からない」「何だか論文がうまく書けない」など困ったときには、すぐにチューター制度を活用してください。チューター一同、学生の方々からのご相談をいつでもお待ちしております。

チューター制度 / 利用者の声

短縮コース 3年次生 長野 宰士

 私は二年次の夏休みに、既に友人がチューター制度を利用して組んでいた自主ゼミに参加して以来、学期及び長期休暇ごとに自主ゼミを利用しています。チューター制度の利点は、それぞれのレベルや個性に応じた指導を受けられることにあります。二年次は基礎力を固めながら応用力を身に着ける年次ですから、分野ごとにまだ理解の偏りがあります。チューターの先生は、司法試験合格者の視点から、個々の学生の到達度に応じたアドバイスをしてくださいますから、学生は自分の現在のレベル特有の落とし穴や、自分固有の弱点を知ることができます。早い段階に自分の癖を知ることで、普段の学習への取り組み方も工夫できるようになります。また自主ゼミなら、仲間の答案を見ることで互いに長所短所を指摘しあい、良い答案とはどのようなものかを考えるきっかけになります。

 いかなるレベルにあっても必ず得るものがありますから、積極的に利用されることをお勧めします。

上智法曹会の全面協力で院生の学習を支援

一口に学習支援といっても、必要な支援は一人ひとり異なります。上智大学法科大学院のチューター制度は、ターゲットとなる学生層(未修・既修、学年、成績等)ごとに戦略的・効率的に設計されており、学生は、①授業サポート型、②自主ゼミ支援型、③テーマ設定型という3 つのカテゴリーから、自分にとって必要な時に、最適なものを利用することができます。長期休暇中も含め、一年中様々なプログラムが提供されています。もちろん在校生だけでなく、修了生向けのプログラムも用意されています。

1.授業サポート型

授業の予習・復習や定期試験の準備などを支援するため、基本科目を中心とする特定の授業科目について、その分野に精通したチューターが、フォローアップ講義を行うものです。学期のはじめから開講されますので、これに参加することにより、信頼できるチューターと出会い、学習を着実に進めることができます。2016年度には、「民法基礎 I フォローアップゼミ」「刑法基礎 I 」「民法基礎 II 」「民事訴訟法基礎」など、多くのゼミが開催されました。

2016年度の一例(案内文) 「民法基礎 II フォローアップゼミ」

■講 師:
KODAMA法律事務所 弁護士 小寺 悠介 先生/司法修習66期 【2012年3月修了】
■開催日:
週1回 原則水曜4限
■対象者:
1年生(民法が苦手な2、3年生も可)
■テーマ:
民法の基礎をつくる

他の科目に比べて量が多い民法の中でも債権法はかなり比重を占めます。量が多いということは最初にしっかり勉強しておかないと後から復習するのが手間になったり、知識の穴が出来てしまいます。また、量が多いということは講義時間内における情報量が膨大になりますので、フォローアップでは、情報の整理、定着を図ることが出来るようにしていきます。

【講義内容】基本的に講義ですが、問題演習も適宜やる予定
【使用テキスト】民法基礎指定のテキスト、(場合によっては)レジュメあり。

2.自主ゼミ支援型

学生グループ(3名以上)の要請により、自主ゼミにチューターを派遣するものです。基本的な学習の目的や内容は、学生自身が設定し、法科大学院と上智法曹会が、派遣の可否を決定します。2015年度には、基本科目を中心に19のゼミが開催され、受講生の関心に応じた高度かつ濃密なゼミが行われました。

3.テーマ設定型

担任制度と連動するなどして、学生の方々のニーズに対応したテーマを設定したゼミを随時開催する予定です。

  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用