カリキュラム

環境法の多様なカリキュラム展開

環境法の最先端を、充実したカリキュラム、そして、ファカルティとともに!

環境法が、ここにある!

現代社会において、適切な環境管理への法的対応は、ますます重要になっています。上智大学法科大学院においては、環境法に対する深い理解と鋭い実践力を持つ将来の法曹の要請が、教育の大きな柱となっています。

教育・研究リソースの環境法への集中は、本学の大きな特徴です。「上智大学法科大学院環境法政策プログラム(Sophia Environmental Law and Policy Program,SELAPP)」のウェブサイトをご覧ください。授業では国内最多の科目が提供され、十分に基礎を踏まえつつも最先端の議論が展開されます。実定法の正確な理解、裁判例の展開の的確な把握、実務を踏まえた環境法の活用。法科大学院最高水準の環境法教育がここにあります。

抜群の選択者合格率

選択科目のなかで環境法を選択する修了生は、約4割に及びます。また、合格者のうち環境法選択者も約4割であり、この割合は、全国平均の約8倍です。基本法律科目をしっかりと修得したうえで、充実した体制のもとで、楽しみながら環境法をじっくり学ぶ。入学後は、環境法選択を考えてみてください。

バラエティに富むエクスターンシップ

環境法関係のエクスターンシップ先としては、公害等調整委員会、環境事件を多く手がける弁護士事務所、環境関連企業、企業環境部、環境NPOがあります。関心に応じて環境法実務を体験しましょう。

《環境法科目体系図》

*上記の科目のうち、環境法政策、環境訴訟を含む10単位以上を取得した者は「環境法プログラム履修証」授与の申請資格を得られる。

講義科目の例――司法試験にも環境実務にも対応した講義内容

環境法政策/北村喜宣教授

環境法の基本理念などを概観したあと、判例・行政実例のなかにあらわれた法的・法政策的論点について、個別環境法を素材に検討します。さらに、「地方分権時代の環境法」という観点から、法律の条例の関係、自治体現場における法政策および法執行の実態をとりあげます。

環境訴訟/越智敏裕教授

民法、行政法及び環境法政策についての基礎的理解を有する学生を対象に、主要な環境訴訟類型の判例・事例検討を通じて、様々な分野・段階における環境紛争を司法審査により解決する手法を学びます。

Q 環境法は、需要が少ない?
A いいえ。環境事件は決して少なくありません。また、土壌汚染対策法や廃棄物処理法のように、企業経営に密接な関わりを持つ法律も多く、それらに精通した法律家が今まさに求められています。

Q 環境法は、他の科目とつながりが少ない?
A いいえ。環境法の学習には、民事訴訟や行政訴訟の基本的な知識が必要です。言い換えれば、環境法は、民法や行政法を応用的に学習できる分野といえます。

SELAPP Seminar

現代社会は、環境法に対してさまざまな課題を突きつけてきます。環境法はそれを敏感に受けとめて、解決策を模索しなければなりません。シンポジウム形式で半日かけて開催されるこのセミナーでは、SELAPPとしての問題意識を提示し、環境法政策の第一線で活躍する報告者の報告をもとに、参加者全員で議論をします。


第12回SELAPPセミナー「歴史的建造物の保護」
(2015年5月16日)
(右から、尾谷恒治・弁護士、信森 徹・旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会、
鯵坂 徹・鹿児島大学教授、越智敏裕・本学教授)

エクスターン制度で体験した環境法務

牧田 薫 (東京ゆまにて法律事務所 派遣)
【2017年3月修了】

 私は、座学だけではなく、実務の様子も勉強したいと考え、様々な種類の事件を扱う弁護士事務所へのエクスターンシップ派遣を選択しました。

 法科大学院進学当初は、環境法にとくに興味があったわけではありません。しかし実習先の事務所において、実際に環境に関する事件に接し、環境法務の実態とその難しさを実感しました。

 環境法務と一口に言っても、その内容は依頼者の方の求めるもの次第で大きく異なります。今回のエクスターンシップにおいて、環境法を直接使うことはありませんでしたが、弁護士の先生方が環境法の考え方を元にして訴状の法律構成をする様子を目の当たりにし、環境法の大切さを学ぶことができました。

 今後は、今回の経験から興味を抱いた環境法について、より深く勉強したいと考えています。

環境法選択修了生の現在

伊藤 彩 (弁護士・栄枝総合法律事務所)
司法修習66期【2012年3月修了】

 上智大学法科大学院では,環境法の第一人者である教授,環境訴訟を数多く手掛けてこられた実務家教員の方々による授業を受けられます。その他,SELAPP セミナーなど,様々な立場で環境法に携わっている方々と関わるチャンスもあるので,将来を見据えた勉強をすることができると思います。

 私は,主に民事事件を幅広く扱う弁護士事務所に所属しておりますが,いわゆる環境訴訟でなくとも環境法の知識を使う場面は多くあります。事案を検討する際には,法全体のしくみや,行政,企業,住民など様々な立場からのアプローチを踏まえることが重要であり,法科大学院で学んだことが活きていると実感しています。

 これから上智大学法科大学院で学ぶ方に対しては,選択科目で迷ったら環境法を選択することをお勧めします。すでに環境法と決めている方は,積極的に授業に参加すれば,実力が自ずとついてくると思います。ぜひ,他の法科大学院では体験できないカリキュラムで,第一級の教授陣と一緒に環境法を学ぶ楽しさを実感してください。

齊藤 優摩 (弁護士・あすなろ法律事務所)
司法修習65期【2011年3月修了】

 環境法が問題となる訴訟は少なくありません。そのため、環境法を学ぶことは、実務と直結する力になります。

平沢 由里絵 (判事補・仙台地方裁判所)
司法修習67期【2013年3月修了】

 環境法は、苦しい司法試験受験時代の癒し系科目でした。実務でも、意外と環境事件との出会いは多くあります。

法科大学院スタッフが中心になって定期的に行われているイベント
上智大学環境法研究会

上智大学大学院法学研究科研究者コースの学生が中心になり、学内外の研究者と学生に対して開かれた研究会です。数ヶ月に一度のペースで、主として研究者による報告をベースに、3時間程度の議論をしています。基礎的な研究から最新の法政策・判例まで、環境法や公法に関する学会最先端の議論に触れることができます。

Environmental Law and Policy Café

忙しい法科大学院生に対して、少しでも環境法政策を身近に感じてもらいたい…。そこで、毎年数回、ランチタイムに学内外からさまざまな分野のゲスト・スピーカーを招き、話題提供をしていただき議論をする50分のミニ企画です。 ELP Caféは、学生にとっては、お弁当を食べながら、各界の第一人者のお話が聴けるという贅沢な時間です。

Ecology Law Seminar

内外に開かれたこのセミナーは、毎学期、開催されます(一部有料)。産業廃棄物規制や企業環境法をテーマとし、弁護士、行政書士、研究者、行政実務家、環境コンサルタント、環境NPOなどによる講義シリーズです。最先端の話題や実務に密着した取組みが議論されます。法科大学院生は、無料で参加できます。

  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用