カリキュラム

カリキュラムの特徴

法律基本科目、法律実務基礎科目、展開・先端科目など理論的教育と実務的教育を架橋する体系的科目群が有機的にトライアングルを形成しバランスの取れたカリキュラムを構成しています。

カリキュラム・イメージ

バランスのとれた最適カリキュラム

法律基本科目、法律実務基礎科目、基礎法学・隣接科目、展開・先端科目、研究論文という5つのカテゴリーからなるカリキュラムは、理論的教育と実務的教育を有機的に結びつけ、法学の基礎から応用までを段階的に修得できるよう組み立てられています。

また、本法科大学院の基礎となる上智大学法学部国際関係法学科、地球環境法学科との関係から、特に国際関係法、環境法領域に多様な科目を展開していることも大きな特徴です。

法学教育の基本体系を踏まえつつ、現代社会のニーズを見据えた独自性と先進性に富む科目構成は、未来の法曹に求められるトータルなスキルを身に付けるために最適なカリキュラムといえるでしょう。

次代を担う法曹養成をめざして現実的なニーズをとらえた「展開・先端科目」

社会経済法系

「労働法」「租税法」「経済法」「知的財産権法」「倒産処理法」「民事執行・保全法」「金融法」など、社会生活との関わりが深い法律分野を幅広くカバー。学生自身の興味・関心、将来の志望進路に合わせて選択し、より実践的・応用的に学習することを可能にしています。 最近ますます注目を集めるようになってきたスポーツやエンタテインメントに関する法律問題を扱う「スポーツ・エンタテインメント法」などを含めて、現代社会の多様なニーズに対応する科目が開講されています。

国際関係法系

グローバルな素養を備えた人材育成をめざす上智大学。その理念を受けて、法科大学院では入学試験に外国語特別枠を設けているほか、国際法務に強い法律事務所へのエクスターンシップも充実させています。国家間の問題を扱う「国際法基礎」「国際経済法」から、国際ビジネス法務に直結する「国際民事紛争処理」「国際取引法の現代的課題」「Law and Practice of lnternational Business Transactions」「国際仲裁・ADR」まで、国際関係法に関する多様な科目群の設置は上智大学法科大学院の大きな特色です。

環境法系

国際関係法と同様、新時代の法曹養成に欠かせない法律領域となっているのが「環境法」です。もともと上智大学には法学部地球環境法学科、地球環境大学院が併設され、大学院法学研究科には現役弁護士が環境法を研究するために社会人入学していました。法科大学院ではそうした実績と土壌を生かし、「環境法政策」「環境訴訟」「比較環境法」「国際環境法」など、さまざまな視点で環境問題をとらえる科目を設置。環境法を専門とする教員の指導はもちろん、環境訴訟や環境法実務の現場に接するエクスターンシップも積極的に実施。環境法政策プログラムは、環境法に関心をもつ学生の学習をサポートしています。その充実度は国内トップです。

充実した未修者向けカリキュラム

上智大学法科大学院は、これまでも未修者教育については充実した取組みを行い、司法試験合格率も全国平均をおおむね上回るなど、優れた実績をあげてきています。2015年度から、未修者向けカリキュラムを一層充実させることを狙った取り組みを行っています。2016年度からは、法律基本科目の選択科目を大幅に増やしたほか、実務的視点を加えながら基礎固めを行う夏季集中講座「民法実務基礎演習」の新設、初学者が学びやすい基礎的な導入科目「ビジネス法基礎」、「国際私法基礎」の新設、学習の進展をフォローする担任制度等の強化を図っています。

カリキュラム・イメージ

  • 上智大学 法科大学院 案内
  • 環境法政策プログラム 案内
  • 図書館
  • 自己点検・評価
  • TKC(在校生)上智大学法科大学院教育研究支援システム
  • L-BOX 上智法科大学院在校生・修了生専用